MP-20 ホイルジャック(トランスフォーマー マスターピース):レビュー

MP-20 ホイルジャック

シリーズ:『トランスフォーマースターピース
発売日:2014/09/20
メーカー希望小売価格(税抜き):6500円

f:id:watoka814:20171012113907j:plain
様々な発明品を開発することで初代アニメで活躍したホイルジャックがマスターピース化です。
特徴的な顔のデザインやアリタリアカラーなどの再現はもちろん、ガニ股ポーズも取りやすい高い可動域を実現しています。

他の「トランスフォーマー マスターピース」商品へ

 

f:id:watoka814:20170422200028j:plain f:id:watoka814:20170422200029j:plain

パッケージ。
スターピース特有の箱ですが、小振りで収納しやすいサイズ感です。
裏面にはビークルの「ランチアストラトス ターボ」についても詳しい解説が記載されています。

f:id:watoka814:20170422200044j:plain

本体と付属パーツ以外に説明書とキャラクターカードが付いています。
この頃のキャラクターカードのデザインは簡素にキャラの直立でしたね。
最近のマスターピースだと躍動的なロボットモードとビークルモードがセットになってデザインされています。

f:id:watoka814:20170422200030j:plain f:id:watoka814:20170422200031j:plainf:id:watoka814:20170422200032j:plain f:id:watoka814:20170422200033j:plainf:id:watoka814:20170422200034j:plain f:id:watoka814:20170422200035j:plain

ビークルモードは「ランチアストラトス ターボ」。
ホイルジャックの代名詞でもある赤と緑のアリタリアカラーもしっかりとデザインされています。

f:id:watoka814:20170422200036j:plain

サイドミラーは着脱式のパーツになっており、梱包時は別で付属しています。
予備パーツもワンセット付いているので、もし無くしてしまったり折ったりしても大丈夫なように配慮されています!

f:id:watoka814:20170422200037j:plainf:id:watoka814:20170422200038j:plainf:id:watoka814:20170422200039j:plain

付属のレーザーガンはビークル底面に接続することが出来ます。
排気管のように配置されることで、ビークルの外観に配慮した設計がされています。

f:id:watoka814:20170422200040j:plain f:id:watoka814:20170422200041j:plainf:id:watoka814:20170422200042j:plain f:id:watoka814:20170422200043j:plain

ショルダーキャノンとマグネット弾も別で付属しており、両方を接続させた上でビークル天面に取り付けが可能です。
微妙に上下に角度を付けることも出来ますよ。

 

f:id:watoka814:20170422200045j:plain f:id:watoka814:20170422200047j:plainf:id:watoka814:20170422200046j:plain f:id:watoka814:20170422200048j:plain

ロボットモード。
G1のホイルジャックらしいずんぐりとしたデザインが見事に再現!
変形は難しくないですが、サイドミラーや羽に気を遣う場面もあります。

f:id:watoka814:20170422200049j:plain

顔周りのアップ。
まさに∈(当)∋。
首は左右上下にしっかり動きます。
上に動かしたときに喉のパーツが現れるようになっており、マスターピースらしい配慮を感じます。

f:id:watoka814:20170422200050j:plain f:id:watoka814:20170422200051j:plainf:id:watoka814:20170422200052j:plain f:id:watoka814:20170422200053j:plainf:id:watoka814:20170422200054j:plain

安定の優秀可動!
手足に関して、何も気にせず自在にポージング付けが出来ます。
ホイルジャック自身、そんな躍動的なキャラクターではないですがストレスフリーで動かせるのは嬉しいですねー。

f:id:watoka814:20170422200055j:plain f:id:watoka814:20170422200056j:plainf:id:watoka814:20170422200057j:plain f:id:watoka814:20170422200058j:plain

レーザーガンは恒例のマスターピース持ちで掌に接続して持たせることが可能。
ビークルで排気管として接続していたやつですね。
当時のSFの銃ってこんな感じだよね、といったデザインの銃で、なんとなくノスタルジーを感じます。

f:id:watoka814:20170422200059j:plain f:id:watoka814:20170422200100j:plainf:id:watoka814:20170422200101j:plain f:id:watoka814:20170422200102j:plain

ショルダーキャノンは肩に接続可能。
上方向に多少ですが、角度が付けられます。
また、スプリングなどの発射ギミックはありませんが、マグネット弾を装備させることが出来ます。

f:id:watoka814:20170422200103j:plain f:id:watoka814:20170422200104j:plain

少し感じたのは、腕が内側方向に曲がるとさらに表情付けが捗るのになーということですね。
それも出来れば、くらいの話で、やっぱり完成度は高いです。

 


トランスフォーマースターピース』シリーズより、MP-20 ホイルジャックでした。
この頃は最近の潮流と違い、「アニメ忠実再現」にはなっていません。
しかしちゃんとホイルジャックと了解できるデザインでまとまっています。
逆にアニメに忠実なロボットにしようとすると、変形の手間が増えるだけなのでこの時期に発売されたのは正解でしたね。

本品は変形も可動も優秀なのですが、サイドミラーと羽の扱いには少し注意が必要です。
特にサイドミラーは、予備が付属していますが、変形でガチャガチャ触っていると変な方向に力が入りかねません。
それを見越して、別パーツ、予備付きにしているんだと思いますが、それでも慎重に扱ってし過ぎるということはないでしょう。
そして、羽。
薄いパーツなのに加えて、動かすのがかなり固いので、扱いに気を遣います。

 

他の「トランスフォーマー マスターピース」商品へ

◆関連記事