TLK-11 スティールベイン(トランスフォーマー 最後の騎士王):レビュー

TLK-11 スティールベイン

シリーズ:『トランスフォーマー 最後の騎士王』
発売日:2017/07/15
メーカー希望小売価格(税抜き):2800円

f:id:watoka814:20170717151805j:plain

映画最新作「最後の騎士王」に登場するトランスフォーマー
騎士モチーフのロボットモードや、ワイバーンへの変形など興味深いキャラクターです。
劇中でどういった活躍をするのか、そもそもどういった立ち位置なのか、現時点では不明な点が非常に多く謎に包まれた存在ですね。

他の「トランスフォーマー 最後の騎士王」商品レビューへ

f:id:watoka814:20170717151753j:plain f:id:watoka814:20170717151754j:plain

パッケージ。
表のCG絵は甲冑姿でカッコイイ仕上がりに。
予告編などを見ると、同型キャラが多数いるようなので、一般兵みたいな役どころなのでしょうか?

f:id:watoka814:20170717151813j:plain f:id:watoka814:20170717151814j:plainf:id:watoka814:20170717151815j:plain f:id:watoka814:20170717151816j:plainf:id:watoka814:20170717151817j:plain f:id:watoka814:20170717151818j:plain

ビーストモード。
ワイバーンに変形するトランスフォーマーって珍しいですね。
前作ロストエイジでは恐竜に変形するダイノボットが登場していましたが、実写で幻獣モチーフは初めてです。

f:id:watoka814:20170717151819j:plain f:id:watoka814:20170717151821j:plainf:id:watoka814:20170717151827j:plain f:id:watoka814:20170717151826j:plain

ビーストモードだとほとんど動いてくれないなんていうトランスフォーマーは結構多いですが、スティールベインは口、首、前脚、後脚、尻尾とかなり柔軟に可動します
さらに尻尾付近底部に3mm穴があるので、スタンドを使ったポージングも楽しめます。

f:id:watoka814:20170717151820j:plain f:id:watoka814:20170717151822j:plainf:id:watoka814:20170717151823j:plain

翼を広げるとより巨大感や躍動感溢れる演出が可能!

f:id:watoka814:20170717151825j:plain f:id:watoka814:20170717151824j:plain

ロボットモード用に剣が付属していますが、ビーストモードでは背面に接続しておくことが可能です。

 

f:id:watoka814:20170717151755j:plain f:id:watoka814:20170717151757j:plainf:id:watoka814:20170717151756j:plain f:id:watoka814:20170717151758j:plain

ロボットモード。
長いボディの四足竜からしっかり人型に変形するのは流石。
工程もパーツ移動が練られているので面白みがあります。

デザインは「ザ・騎士」のど真ん中をいく正統派なカッコよさに満ちていますね。
とにかくこの甲冑姿がたまらない魅力を放っています。
微妙に汚し塗装が施されているのも、リアリティがあって良いですね。

f:id:watoka814:20170717151759j:plain

顔周りのアップ。
イケメン甲冑フェイスが素晴らしい!

f:id:watoka814:20170717151800j:plain f:id:watoka814:20170717151801j:plainf:id:watoka814:20170717151802j:plain f:id:watoka814:20170717151803j:plain

可動は標準的。
腰が動いてくれたら!と思いますが変形工程的には厳しそうですね。
また残念ながら立たせ辛さがあるのでその点はストレスフル。
スタンドを併用することをデフォルトくらいに考えておいた方が良いかもしれません。

翼は畳んで正面から見えなくするのが通常ですが、横に広げるのも高貴な雰囲気が増すのでオススメです。

f:id:watoka814:20170717151807j:plain f:id:watoka814:20170717151808j:plainf:id:watoka814:20170717151809j:plain f:id:watoka814:20170717151806j:plain

付属武器の剣。
刀身が独特なデザインをしています。
これは模様なんですかね?それともボロボロに劣化している様をイメージしている?
なんにせよ、騎士にはやっぱり剣が似合います。
上手くやれば両手持ちも可能です。

f:id:watoka814:20170717151810j:plain f:id:watoka814:20170717151811j:plainf:id:watoka814:20170717151812j:plain

剣は太もものジョイントに接続させることが出来ます。


トランスフォーマー 最後の騎士王』シリーズより、TLK-11 スティールベインでした。
ロボットモードのデザインは文句なしのカッコよさ!
しかし他のデラックスクラスと比較するとロボットモードの背が少し低いので、結構小さ目な印象を抱いてしまいます。
ビーストモードはトランスフォーマーでは稀なワイバーンモチーフで新鮮ですし、可動も非常に優秀です。

先行で発売していた海外版の感想では良く関節の緩さについて言及がなされていましたが、国内版は"緩すぎる"というわけではありませんでした。
海外版を持っていないため比較は出来ませんが、もしかしたら少し改善されているのかもしれません。
ただ、緩すぎるわけではないだけで緩い関節は存在します。
そこで私は、以前記事にもしましたが、「パーマネントマットバーニッシュ」を用いた関節強化法で緩い部分はしっかりと補強を施しました。
では問題はそれだけで、それ以外は手放しで絶賛できるかというとそういうわけではなく...。
まず重心が後ろになるためにかなりの立たせ辛さがあったり、胸と背中をつなげるジョイント、股をつなげるジョイントが外れやすかったりと、トランスフォーマー初心者にはあまりオススメすることができません。


他の「トランスフォーマー 最後の騎士王」商品レビューへ