TG-29 サンドストーム(トランスフォーマー ジェネレーションズ):レビュー

TG-29 サンドストーム

シリーズ:『トランスフォーマー ジェネレーションズ』
発売日:2013/12/27
メーカー希望小売価格(税抜き):5200円

f:id:watoka814:20171104164910j:plain

トランスフォーマー 2010」に登場したサイバトロンのトリプルチェンジャー・サンドストームがリメイク!
G1当時はバギーとヘリに変形していましたが、今回のリメイクではヘリではなくVTOL機に変形するアレンジが加えられています。
また商品自体は傑作「TG-21 オートボットスプリンガー」のリデコですが、多くのパーツが新規造形になっているため触り心地も新鮮!
それに加えてスプリンガーの優秀な変形や可動がしっかりと引き継がれており、こちらも負けず劣らずの傑作です。

他の「トランスフォーマー ジェネレーションズ」商品レビューへ

f:id:watoka814:20171104164836j:plain f:id:watoka814:20171104164837j:plainf:id:watoka814:20171104164838j:plain f:id:watoka814:20171104164839j:plainf:id:watoka814:20171104164840j:plain f:id:watoka814:20171104164841j:plain

第一のビークルモード
デューンバギーに変形!
後輪のタイヤが極端なまでにでかいですが、悪路をものともしないバギーらしさが出ていて個人的にはお気に入りのデザイン。

f:id:watoka814:20171104164842j:plain

付属武器の銃はリデコ元のスプリンガー同様天面に接続可能。
銃のデザインはサンドストームオリジナルのものになっています。
ただオレンジの成形色単色なのは何とも残念。。

f:id:watoka814:20171104164834j:plain f:id:watoka814:20171104164835j:plain

リデコ元のスプリンガーとカーモードで比較。
フロントガラス周辺はなんとなく面影がありますが、一見してリデコとは分からないほど大幅な改修が加えられているのが分かります。
スプリンガーはスマートな造形に重きを置いていたのに対し、サンドストームは重厚な武骨さを追求したデザイン思想であることが分かりますね。

 

f:id:watoka814:20171104164843j:plain f:id:watoka814:20171104164844j:plainf:id:watoka814:20171104164845j:plain f:id:watoka814:20171104164846j:plainf:id:watoka814:20171104164847j:plain f:id:watoka814:20171104164848j:plain

第二のビークルモード
VTOL機に変形!
G1ではヘリコプターに変形していたのでここは一番のアレンジポイントです。
ビークルの後輪パーツをローターとしても活用するという点が非常にトランスフォーマーらしいというか、アイデアの勝利といった感じで素晴らしい!

f:id:watoka814:20171104164849j:plain f:id:watoka814:20171104164850j:plain

ローターは角度を付けることが可能!
レジェンズのウィンドブレードなどVTOL機モチーフには良く備わっている細かいギミックです。

f:id:watoka814:20171104164851j:plain

ランディングギアは三点。
これはスプリンガーと同様です。

f:id:watoka814:20171104164852j:plain f:id:watoka814:20171104164853j:plain

付属武器はフロントの底面に接続可能。
スプリンガー同様少し特殊な接続方法で、銃上部のパーツを引っ掛けて固定するという独特な取り付け方です。
無理にやると取り付けるパーツに傷が付いたり変形してしまったり...。
グリップを畳むとランディングギアのような造形が出てくるのは細かい配慮でGood!

f:id:watoka814:20171104164854j:plain f:id:watoka814:20171104164855j:plain

スプリンガーとヘリモードでも比較。
G1サンドストームはスプリンガーのような普通のヘリに変形するので、別段大幅なリデコを加える必要はないのですが、
そこをあえて差別化を図るためにオリジナルな改修を加えているのは非常に意欲的で素晴らしいです!

 

f:id:watoka814:20171104164856j:plain f:id:watoka814:20171104164858j:plainf:id:watoka814:20171104164857j:plain f:id:watoka814:20171104164859j:plain

ロボットモード
スタイル抜群のスプリンガーのリデコということで、サンドストームもG1版とは似ても似つかない格好良さw
G1の箱々しいボディも趣がありますが、現代的なヒーロースタイルにリデコされた姿もまた良いですね。
背面に背負ったVTOLのローターがスプリンガーと大きくシルエットを異にしていてしっかり独自色も出ています。

また個体差かもしれませんが、変形や可動における渋みやカッチリ感がスプリンガーよりも洗練されているため、より扱いやすい印象です。

f:id:watoka814:20171104164900j:plain

顔周りのアップ。
スプリンガーとは異なるオリジナルフェイスですが、こちらもまたイケメン!
いちおうG1当時の顔を意識しているように見えます。

f:id:watoka814:20171104164901j:plain f:id:watoka814:20171104164902j:plainf:id:watoka814:20171104164903j:plain f:id:watoka814:20171104164904j:plain

背負い物のせいで素立ちが難しく後ろに倒れやすい傾向がありますが、ポージングを付けてあげればその辺はあまり気になりません。
可動域は基本的にスプリンガーに準じますが、どうしても背負い物との干渉分、腕の可動には制限があります。

f:id:watoka814:20171104164905j:plain f:id:watoka814:20171104164906j:plainf:id:watoka814:20171104164907j:plain f:id:watoka814:20171104164908j:plain

銃武器はスプリンガーとは異なるデザインでその点は素晴らしいのですが、いかんせんカラーが単色というのは...。
しかもオレンジという奇抜さ...。

上部のパーツを押し込むことで、スプリングではありませんがミサイルの発射ギミックがあります。
これはスプリンガーと同様ですね。

f:id:watoka814:20171104164911j:plain f:id:watoka814:20171104164912j:plainf:id:watoka814:20171104164913j:plain f:id:watoka814:20171104164914j:plain

スプリンガーとロボットモードで比較。
基本構造は共通していますが、胸や脚など要所のパーツが新造されているので思った以上に差別化されています。


トランスフォーマー ジェネレーションズ』シリーズより、TG-29 サンドストームでした。
スプリンガーのリデコ商品ですが、しっかりと差別化に成功しているのが非常に素晴らしいですね。
特にビークルで上面に来る新造パーツ、これが新たに加わっただけでどのモードにおいてもスプリンガーからイメージを大きく変えることに成功しています。

可動面はほぼスプリンガーを踏襲していて優秀ですが、接地の安定感については若干劣ります。
ロボット背面のパーツの重さで、素立ちをさせると後ろに倒れがちになってしまうのは難点ですね。

ちょうど今月はスプリンガー、サンドストームと並ぶトリプルチェンジャーのブロードサイドが「レジェンズ」で発売されます。
これで長らく悲願であったサイバトロンのトリプルボットがそろい踏みとなります!
またサンドストームといえばオクトーンと仲良しという驚きの設定がありますが、そのオクトーンも「レジェンズ」で12月に発売が予定されています!

他の「トランスフォーマー ジェネレーションズ」商品レビューへ

◆関連記事