RD-06 ディセプティコンランページ(トランスフォーマー リベンジ):レビュー

RD-06 ディセプティコンランページ

シリーズ:『トランスフォーマー リベンジ』
発売日:2009/05/30
メーカー希望小売価格(税抜き):2300円

f:id:watoka814:20170614184908j:plain

リベンジ劇中では、赤い個体が終盤の決戦でバンブルビーと戦闘を繰り広げていました。
劇中では一本足でピョンピョン飛び跳ねながら戦っていたので、印象に残っている方も多いのではないでしょうか。
本商品は、その一本足形態も含めたトリプルチェンジャーとして作られており、ロボットモードの異形っぷりも併せて意欲的な商品に仕上がっています。

他の「トランスフォーマー リベンジ」商品へ

f:id:watoka814:20170614184709j:plain f:id:watoka814:20170614184710j:plainf:id:watoka814:20170614184711j:plain f:id:watoka814:20170614184712j:plainf:id:watoka814:20170614184713j:plain f:id:watoka814:20170614184714j:plain

ビークルモードはブルドーザー
キャタピラがゴムで出来ているので劣化による破損が怖いですが、私の個体は8年経った今でも無傷の状態です。
ブレード部分が少しでも動けば良かったのですが、残念ながらこのままでは動かすことが出来ません。

f:id:watoka814:20170614184715j:plain f:id:watoka814:20170614184716j:plain

後部のリッパは上下に可動します。

 

f:id:watoka814:20170614184717j:plain

ジャックハンマーモード。
劇中での一本足モードがこれですね。

f:id:watoka814:20170614184719j:plainf:id:watoka814:20170614184718j:plain

削岩機をイメージしているようで、手で持って押し込むと、脚に仕込まれたスプリングが働きます。
画像ではわかりにくいですが、削岩機のピストン運動を再現しようという工夫が見られます。

 

f:id:watoka814:20170614184720j:plain f:id:watoka814:20170614184721j:plainf:id:watoka814:20170614184722j:plain f:id:watoka814:20170614184723j:plainf:id:watoka814:20170614184724j:plain f:id:watoka814:20170614184725j:plain

ロボットモード。
極めて異形で、非常に独創的な姿をしています。
四足脚のトランスフォーマーというだけでも珍しいですが、両手から延びるキャタピラの鞭も個性的ですね。
残念ながら可動域は狭く、腕が可動するくらいで脚はまともに表情付けが出来ない仕様ですが、そんなことはもうどうでも良くなるほどデザインのオリジナリティが際立っています。

f:id:watoka814:20170614184726j:plain

顔周りのアップ。
顔は左右に動いたりはしません。一応回転は出来ますが。

f:id:watoka814:20170614184727j:plain f:id:watoka814:20170614184728j:plainf:id:watoka814:20170614184729j:plain f:id:watoka814:20170614184730j:plain

表情付けに貢献するのは腕回りの可動くらいですが、ディテールの細かいボディやインパクト大のデザインを眺めているだけで満足です。


トランスフォーマー リベンジ』シリーズより、RD-06 ディセプティコンランページでした。
四足脚、両手の鞭、虫々しい顔と今見てみても尚独創的なデザインですね。
可動は確かに制限的ですが、実写、それもリベンジ期でなければこういったキャラが生まれなかったと考えれば手にしていて良かったなと思える商品です。

ちなみにバンブルビーと戦った赤い個体は、同シリーズで「RD-21 ディセプティコンランページデザートコンバット」として商品化されています。
こちらは赤い塗装だけでなく、ブレードに汚し塗装がされていたりとよりクオリティの高いものになっています。
他の「トランスフォーマー リベンジ」商品へ