読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RA-01 オプティマスプライム(トランスフォーマー リベンジ):レビュー

RA-01 オプティマスプライム

シリーズ:『トランスフォーマー リベンジ』
発売日:2009/05/30
メーカー希望小売価格(税抜き):6800円

f:id:watoka814:20170518220231j:plain

オートボット総司令官オプティマスプライムの映画三作目までの姿が玩具化。
劇中イメージを完全再現しており、まさに傑作!
永く"リダオプ型"としてリデコ・リカラー品が発売される型の初発アイテムです。
最近では「ムービーザベスト」シリーズでも「MB-11 ムービー10thアニバーサリー オプティマスプライム」として商品化されましたね。

他の「トランスフォーマー リベンジ」商品へ

f:id:watoka814:20170518220232j:plain f:id:watoka814:20170518220233j:plainf:id:watoka814:20170518220234j:plain f:id:watoka814:20170518220235j:plainf:id:watoka814:20170518220236j:plain f:id:watoka814:20170518220237j:plain

ビークルモードはピータービルト・379トレーラートラック。
かなり高い劇中再現度!
ビークルもカッチリとしており、安定感があります。
リーダークラス、電飾付きということもあって重厚感もありますね。
ビークル背面のスイッチを押すと、駆動音と発光ギミックが発動します。
ただ車体内部での発光に留まってしまい、あまり活きていないのが残念。

f:id:watoka814:20170518220238j:plain

実写オプティマスの特徴的なファイアーパターンもしっかり再現!

f:id:watoka814:20170518220239j:plain

他の実写オートボットと並べるのも映えますねー。
写真は「バトルブレードバンブルビー」と。

 

f:id:watoka814:20170518220212j:plain f:id:watoka814:20170518220214j:plainf:id:watoka814:20170518220213j:plain f:id:watoka814:20170518220215j:plain

ロボットモード。
変形ステップは非常に多く、複雑な変形をこなしますが、その完成度は至極!
変形中、上半身と下半身を接続する際に「ギゴガゴ音」が鳴るギミックがあります。
そして出来は、まさに劇場のスクリーンから飛び出してきたような素晴らしさ。
当時映画二作目の第一弾アイテムから、これ程のアイテムが発売されたときは本当に驚きましたねー。
先日マスターピースとして実写オプティマスの発売がアナウンスされましたが、そちらも早く手に入れて比較を楽しみたいです!

「マスターピースオプティマス」については↓↓

f:id:watoka814:20170518220218j:plain

顔周りのアップ。
顔はマスクオン状態で造形されており、首は左右に動きます。
しっかりオプティマス顔ですが、発光ギミックのせいか通常時は暗い印象なのが少し残念。

f:id:watoka814:20170518220216j:plain f:id:watoka814:20170518220217j:plain

お腹のパーツを下に引き下げると、胸が可動して発光ギミックと音声ギミックが発動します。
音声は、「I am Optimus Prime.」。
最近発売された「MB-11 ムービー10thアニバーサリー オプティマスプライム」では、玄田哲章氏の日本語吹き替えで多彩なセリフを楽しめます。

f:id:watoka814:20170518220219j:plain f:id:watoka814:20170518220220j:plainf:id:watoka814:20170518220221j:plain f:id:watoka814:20170518220222j:plain

腕のブレードの干渉があったりと、全身の可動は自在というわけではありませんが、十分に動いてくれますよ。
あまり派手なポーズを決めなくとも、ただそこにあるだけで実写の雰囲気が漂ってくるのを感じます。

f:id:watoka814:20170518220223j:plain f:id:watoka814:20170518220224j:plain

誤爆が非常に多いのが玉に瑕ですが、両腕からはブレードが展開します。

f:id:watoka814:20170518220225j:plain f:id:watoka814:20170518220226j:plainf:id:watoka814:20170518220227j:plain f:id:watoka814:20170518220228j:plain

ブレードにサイバトロン文字が刻まれているのは細かいですね。
ブレードを展開すると腕の干渉が少し軽減されるので、さらに可動域が広がる印象。


トランスフォーマー リベンジ』シリーズより、RA-01 オプティマスプライムでした。
実写玩具も長い歴史がありますが、"傑作"といえばやはりこの「リダオプ型」が票を一番集めることになるのでしょう。
それほどに出来が良く、劇中再現度も高い素晴らしい仕上がりです。
2009年に本品が発売されてから、様々な仕様変更品が発売されてきたのもその証左かなと思います。
今年の三月には「ムービーザベスト」から「MB-11 ムービー10thアニバーサリー オプティマスプライム」が発売されました。
こちらは付属武器や音声ギミックなど、これまでのリダオプの集大成に仕上がっています。

とはいえ元の玩具は2009年、今から8年も前に作られた型。
そろそろ最新技術での本気のオプティマスが見たい気分ですが、折よく先日「マスターピースオプティマス」が発表されました。
公開された画像を見ると、リダオプの良いところはそのままに、所々がブラッシュアップされていそうな雰囲気が感じ取れたんですよね。
その分変形ステップはリダオプに輪をかけて複雑になっていそうですが、そんなところも含めて早く手に取りたくてウズウズしている今日この頃ですw


他の「トランスフォーマー リベンジ」商品へ


◆関連記事

広告を非表示にする