LG-57 オクトーン(トランスフォーマー レジェンズ):レビュー

LG-57 オクトーン

シリーズ:『トランスフォーマー レジェンズ
発売日:2017/12/28
メーカー希望小売価格(税抜き):5500円

f:id:watoka814:20180217194745j:plain

デストロンのトリプルチェンジャー・オクトーンがリメイク!
G1準拠のジェット機タンクローリーへの三段変形はもちろん、今回は新たにヘッドマスターとして再解釈された姿での発売となりました。
さらに国内版オリジナルのヘッドマスター・ゴーストスタースクリームが付属しており、セット商品として楽しむことが出来ます。

他の「トランスフォーマー レジェンズ」商品レビューへ

f:id:watoka814:20180217194655j:plain f:id:watoka814:20180217194656j:plain

パッケージ
表にはオクトーンの新規絵だけでなく、ゴーストスタスクをヘッドオンさせた状態も描かれています。

 

f:id:watoka814:20180217194719j:plain f:id:watoka814:20180217194720j:plainf:id:watoka814:20180217194721j:plain f:id:watoka814:20180217194722j:plainf:id:watoka814:20180217194723j:plain f:id:watoka814:20180217194724j:plain

第一のビークルモード
タンクローリーに変形!
海外版ではタンク側面にシールが付いていましたが、国内版ではオミット。
浮いてしまうシール処理がないので全体的に落ち着いた印象。
ただ個体差なのか自分の変形が悪いのか、フロントウインドウが上手く閉じてくれない...。。

f:id:watoka814:20180217194706j:plain f:id:watoka814:20180217194707j:plain

ヘッドマスター
海外版では顔しか塗られてませんでしたが(それも紫一色)、国内版は腕や目にも細かく塗装が施されています。

f:id:watoka814:20180217194729j:plain f:id:watoka814:20180217194730j:plain

付属武器は銃が二丁。
その内の一つはウエポンビークルなのでヘッドマスターを乗せる台座が設計されています。

f:id:watoka814:20180217194725j:plain f:id:watoka814:20180217194726j:plainf:id:watoka814:20180217194727j:plain f:id:watoka814:20180217194728j:plain

またタンク天面のクリアパーツは開閉式で、ヘッドマスターを搭乗させることが出来ます。
嬉しいギミックですが、運転席でないのが少し残念。

 

f:id:watoka814:20180217194732j:plain f:id:watoka814:20180217194733j:plainf:id:watoka814:20180217194734j:plain f:id:watoka814:20180217194735j:plainf:id:watoka814:20180217194736j:plain f:id:watoka814:20180217194737j:plain

第二のビークルモード
ジェット機に変形!
主翼の根元の位置が気になりますが、しっかりジャンボジェットしています。

f:id:watoka814:20180217194738j:plain f:id:watoka814:20180217194739j:plain

タンクローリーモードと同様のヘッドマスター搭載ギミックがあります。
場所も同じで、紫のクリアパーツを開けて乗り込ませます。
こちらもジェット機のコックピットとは見立てられない位置なのは残念ですが、中々そこまでこだわるのは造形的に難しそうですね。

f:id:watoka814:20180217194708j:plain f:id:watoka814:20180217194709j:plain

ヘッドマスター・ゴーストスタースクリーム
なんとこのオクトーン、ヘッドマスターがもう一体付属しています!
それもかの有名なニューリーダー様!!
オクトーンとスタースクリームというと、「2010」の第7話「スタースクリームの幽霊」が印象的なエピソードですね。
サイクロナスに憑依したゴーストスタースクリームがオクトーンと共に打倒ガルバトロンで奮起するというお話ですが、間違いなくその話から引用して今回付属することになったのでしょう。

 

f:id:watoka814:20180217194657j:plain f:id:watoka814:20180217194659j:plainf:id:watoka814:20180217194658j:plain f:id:watoka814:20180217194700j:plain

ロボットモード
ボイジャークラスならではのマッシブなボディで、G1オクトーンを上手くリメイクしています。
オクトーンらしい背面の大きな翼も印象的です。

トリプルチェンジャーながら変形は素直で直観的なので、ガシガシ変形を楽しめます。

f:id:watoka814:20180217194701j:plain

顔周りのアップ。
海外版では腹部のスイッチを押すと飛び出してくる顔横のガードがあるのがデフォでしたが、国内版ではガードを出さないのがオクトーンのデフォです。
首はヘッドマスターのボールジョイントを使って左右に自由に可動します。

f:id:watoka814:20180217194702j:plain f:id:watoka814:20180217194703j:plain

アストロトレインもそうでしたが、腰の回転はありません。
そのせいもあってあまり複雑なポージングは付けられませんが、ボイジャークラスらしいボリューミーな体躯を活かしたどっしりとした姿勢が映えますね。

f:id:watoka814:20180217194704j:plain f:id:watoka814:20180217194705j:plain

付属武器の二丁の銃は手に持たせることが出来ます。
一つはヘッドマスターが搭乗可能なので、ゴーストスタスクを載せてみるのも良いですね。

 

f:id:watoka814:20180217194710j:plain f:id:watoka814:20180217194711j:plain

ゴーストスタースクリーム...ヘッドオン!!!
ゴーストスタスクをヘッポン!させたときは顔横のガードを出して、さらに両肩のパーツを起こすのが公式設定のようです。
「ユナイトウォリアーズ」では手足ロボになり、「レジェンズ」ではヘッドマスターになり、そして「パワーオブザプライム」では合体戦士のコアロボにと近年はスタースクリームが出ずっぱり状態ですね。

f:id:watoka814:20180217194712j:plain

顔周りのアップ。
クリアパーツということもあってかなり不気味な印象。
スタースクリームのひん曲がった性格が上手く表れていると思います。

f:id:watoka814:20180217194713j:plain f:id:watoka814:20180217194714j:plainf:id:watoka814:20180217194715j:plain f:id:watoka814:20180217194716j:plain

可動域はオクトーンと同様ですが、顔が違うだけでも大分イメージが変わりますね。

 

f:id:watoka814:20180217194731j:plain f:id:watoka814:20180217194742j:plainf:id:watoka814:20180217194717j:plain f:id:watoka814:20180217194718j:plain

レジェンズ」でリメイクされたトリプルトロン集結!!
どれも出来が良いですが、
アストロトレインだけビークルにオリジナルな解釈が加えられてしまったので、SLとシャトルに変形する玩具も欲しくなってしまう...。贅沢な悩み。。


トランスフォーマー レジェンズ』シリーズより、LG-57 オクトーンでした。
トリプルトロンはこれまで散発的にリメイクがされてきましたが、同規格、同クラスで三体が揃うのはG1以来恐らく初!
アストロトレイン、ブリッツウイングと並べても映えますが、オクトーン単体でも十分満足のいく出来です。
設定的に中々無理のあるタンクローリージェット機の変形もこなしていますし、ロボットモードのデザインもG1ライクな正統派リメイクでとてもカッコイイです。
そして極めつけはゴーストスタスクのヘッドマスター!
国内オリジナルの付属品ですが、こういう遊び心のある独自展開は大歓迎♪
オクトーンのみならず片っ端からトランステクターにヘッドオンさせて回りたい...!!

他の「トランスフォーマー レジェンズ」商品レビューへ

◆関連記事