TLK-EX メガトロン(トランスフォーマー 最後の騎士王):レビュー

TLK-EX メガトロン

シリーズ:『トランスフォーマー 最後の騎士王』
発売日:2017/07/15
メーカー希望小売価格(税抜き):4500円

f:id:watoka814:20170716094920j:plain

映画第三作「ダークサイド・ムーン」で戦死したメガトロンが装いも新たに大復活!
黒を基調にしたシックなボディーカラー。中世の騎士をイメージしたデザイン。これまでに見ないエイリアンジェットへの変形。
本作のメガトロンは数え上げればキリが無い魅力的な特徴を備えており、その魅力そのままに玩具化したのが本商品です!
トイザらス限定ということで手に入れる窓口は狭くなってしまいましたが、手元に置いて損のない素晴らしい出来となっています。

他の「トランスフォーマー 最後の騎士王」商品レビューへ

f:id:watoka814:20170716094847j:plain f:id:watoka814:20170716094848j:plain

パッケージ。
表には躍動的で凶悪なメガトロンのCG絵がプリントされています。
また裏を見ると、変形に22stepsという記載があり、手ごたえのある変形が期待できますね。

f:id:watoka814:20170716094849j:plain f:id:watoka814:20170716094850j:plainf:id:watoka814:20170716094851j:plain f:id:watoka814:20170716094852j:plainf:id:watoka814:20170716094853j:plain f:id:watoka814:20170716094854j:plain

エイリアンジェットモード。
映画一作目でもエイリアンジェットに変形しましたが、あのときよりは人間世界のジェットに近付いたデザインです。
コックピットも造形されていますが、劇中で誰かが搭乗するシーンがあったり?
ケイドが乗ってメガトロンと共にオプティマスの洗脳を解きに行くとかいう展開があると胸熱!

玩具としてはディテールの細かさが非常に目立つものになっています。
またカッチリ感も高いので、触っていて楽しいものに仕上がっています。

f:id:watoka814:20170716094855j:plain f:id:watoka814:20170716094856j:plain
付属武器の剣は天面に接続させることが出来るので余剰パーツはありません。

f:id:watoka814:20170716094857j:plain f:id:watoka814:20170716094858j:plain

底面には3mm穴があるので、スタンドと接続させると飛行シーンを演出できます。

f:id:watoka814:20170716094859j:plain f:id:watoka814:20170716094900j:plain

ビークルディセプティコンと。
「最後の騎士王」のディセップとしてはまだ後ろに「ニトロ」が控えていますが、今回はディセップが多く登場するようなので今後ともどんどん玩具化していって欲しい!
特にオンスロートは、今回の玩具シリーズでは無理でも、来年か再来年の映画の玩具シリーズでラインナップされることを祈っています。

 

f:id:watoka814:20170716094901j:plain f:id:watoka814:20170716094903j:plainf:id:watoka814:20170716094902j:plain f:id:watoka814:20170716094904j:plain

ロボットモード。
中世騎士を想起させる、これまでのメガトロンとは異なる新たなデザインです。
胸のデザインや肩パーツがアシンメトリーになっていてこだわりを感じます。

変形は充実したステップ数ですが、難しいという印象はないですね。
しっかり手順にしたがってパーツ移動を行えば問題なく変形可能です。
トランスフォーマーでは頻繁に感じることですが、T字のジェットからよくこんな人型の造形に変形させることが出来るなー、と溜息が出るほど考え込まれた変形工程です。

f:id:watoka814:20170716094905j:plain f:id:watoka814:20170716094906j:plain

顔周りのアップ。
顔の両脇から出る牙?棘?が特徴的ですが、破損等が少し怖いので慎重に扱うのが吉といった感じです。
PVを見ると本作のメガトロンはマスクオンとオフを使い分けるようですが、残念ながら本商品はマスクオフ状態のみ。
8月に発売されるリーダークラスの「TLK-19 メガトロン」には、マスクオン/オフのチェンジギミックがありますね。
首は左右方向だけでなく、上にも少しニュアンスを付けられるようになっています。

f:id:watoka814:20170716094907j:plain f:id:watoka814:20170716094908j:plainf:id:watoka814:20170716094909j:plain f:id:watoka814:20170716094910j:plain

腕・脚共に充実した可動域を誇ります。
一見すると大きなスカートのパーツに干渉しそうですが、スカートも独自で動くので問題ないです。
また腕を横に上げると肩パーツと干渉しそうですが、腕を避けるように肩の一部が独自で動くため、90度まで腕を動かすことが出来ます。

腰は動きませんが、それ以外が補って余りある可動を見せてくれるので、十分カッコ良いポージングを決めることが出来ますよ!
足首も動くので、接地性も完璧に担保しています。

f:id:watoka814:20170716094911j:plain f:id:watoka814:20170716094912j:plainf:id:watoka814:20170716094913j:plain f:id:watoka814:20170716094914j:plain

右腕には「G1メガトロン」のiconでもある融合カノン砲が付いています。
劇中のものよりは若干小さいですが、「TLK-19 メガトロン」のカノン砲が個人的に大き過ぎる印象なので、このくらいが丁度良いように感じます。

f:id:watoka814:20170716094915j:plain f:id:watoka814:20170716094918j:plainf:id:watoka814:20170716094916j:plain f:id:watoka814:20170716094917j:plain

付属武器の剣。
ギザギザした独特な造形をしています。
PVでも印象的なこの武器ですが、腕のカノン砲と併せて、今回のメガトロンの凶悪さを一層際立たせます。

f:id:watoka814:20170716094921j:plain f:id:watoka814:20170716094922j:plain

剣は背面のジョイントに接続可能なので、手に持たせずともロボットで余剰はありません。

f:id:watoka814:20170716094923j:plain

ロボットモードでも「最後の騎士王」のディセプティコンと。
どのディセップもそれぞれ刺々しい雰囲気を放っていて、並べてみるとしっかり悪の軍団しているなーという感想。
今回の映画はメガトロンが軍団を率いているので、組織としてのディセプティコンがどうストーリーをかき回すのかにも注目したいです。

f:id:watoka814:20170716094924j:plain

最後に「ダークサイドムーン」のメガトロンと。
当時のメガトロンの玩具も傑作なのですが、比べると今回のメガトロンのプロポーションが格段に良くなっていることや、ずっしりとした重厚感を如実に感じることが出来ます。


トランスフォーマー 最後の騎士王』シリーズより、TLK-EX メガトロンでした。
劇中の姿と比較すると少し太っている印象がありますが、それでも十分すぎる再現度だと思います。
中世風の騎士のデザインが文句なしのカッコよさで、ただ見ているだけで惚れ惚れしてしまいます。
玩具としても、変形・可動共に充実しており、特に可動域に関しては近年でも出色の出来なのではないかと。

惜しむらくは、トイザらス限定発売ということで通常ラインよりも販売の窓口が少ないという点ですね。
これほどの出来のものならば可能な限り多くの方の手に渡ってほしいものです。

 

※最後にちょっと苦言。
今回オンラインのトイザらスでの予約を逃してしまったため、発売日の開店時間にトイザらスみなとみらい店で今回の品を購入しました。
私が見た限り、開店時間の時点で店頭に並んでいるメガトロンはわずか三体。
他の方が店員に聞いていた話からすると、在庫もなく店頭分で全てのようでした。

トイザらス側がトランスフォーマーの限定品について、一体いくつ用意すれば顧客の満足と企業の利益どちらも最大化できるのかということが全く読み切れていないということが理由の一因であると愚考してしまいますが、あまりにもお粗末ですよね。
タカトミもリカラー商品ではなく、わざわざ新規金型、それもオプティマスとメガトロンという花形商品を今回トイザらス限定にしているわけですが、こうすることの利点って果たしてあるのでしょうか。
映画公開後の新規ファンは、現状のままでは欲しくても手に入らない状況です。これって企業としても機会損失では?
海外版と同じ仕様なので海外ショップを利用するか輸入をして手に入れるというのは、現代においてそれほど難しくはないのかもしれません。しかしそれを新規のファン、特に子供のファンに強いることが果たして正しいのでしょうか。
まぁまず間違いなく再販分が出るとは思いますが、それにしても今回の状況は(トランスフォーマーの限定品としては残念ながら珍しくはありませんが)物が良いだけに非常に残念です。

他の「トランスフォーマー 最後の騎士王」商品レビューへ

◆関連記事