TLK-25 ディセプティコン ニトロ(トランスフォーマー 最後の騎士王):レビュー

TLK-25 ディセプティコン ニトロ

シリーズ:『トランスフォーマー 最後の騎士王』
発売日:2017/09/16
メーカー希望小売価格(税抜き):4500円

f:id:watoka814:20171003155847j:plain

劇場最新作「最後の騎士王」に登場したディセプティコンの航空兵!
元々は人間に捕らえられていましたがメガトロンとTRFとの交渉の末解放されました。
ロストエイジ」のKSIボスにショックウェーブの頭部を組付けたようなデザインも特徴的ですが、何よりその陽気な性格が印象的でした。

他の「トランスフォーマー 最後の騎士王」商品レビューへ

f:id:watoka814:20171003155816j:plain f:id:watoka814:20171003155817j:plain

パッケージ。
「最後の騎士王」のボイジャークラス共通の箱型パッケージ。
ただ表のCG絵はニトロではなくKSIボスのものになっています。何故!!

f:id:watoka814:20171003155818j:plain f:id:watoka814:20171003155819j:plainf:id:watoka814:20171003155820j:plain f:id:watoka814:20171003155821j:plainf:id:watoka814:20171003155822j:plain f:id:watoka814:20171003155823j:plain

ビークルモードは戦闘機
劇中では「サーブ39グリペンに変形していましたが、玩具では形状が異なります。

f:id:watoka814:20171003155825j:plain

主翼にはミサイルパーツを懸架することが出来ます。
銃タイプの武器を主翼に接続するトランスフォーマーは多いですが、今回はミサイルポッドとなっており珍しい形状をしています。

f:id:watoka814:20171003155824j:plain

ランディングギアが展開するお馴染みのギミックがありますが、機首下のギアのみ収納可能です。

f:id:watoka814:20171003155826j:plain f:id:watoka814:20171003155827j:plainf:id:watoka814:20171003155828j:plain f:id:watoka814:20171003155829j:plain

コックピットは開閉式になっており、さらに「レジェンズ」シリーズのヘッドマスターを搭乗させることが出来ます。
ここでは近場にあった「LG-45 ターゲットマスターホットロディマス」のヘッドマスターを使用。

f:id:watoka814:20171003155833j:plain f:id:watoka814:20171003155831j:plain

今作ではメガトロン同様のジェットモチーフということで劇中でもペアで行動するシーンが目立ちました。

f:id:watoka814:20171003155832j:plain

ディセプティコン集結!!

 

f:id:watoka814:20171003155834j:plain f:id:watoka814:20171003155836j:plainf:id:watoka814:20171003155835j:plain f:id:watoka814:20171003155837j:plain

ロボットモード
KSIボスのボディにショックウェーブを思わせるモノアイの頭部が付けられたデザインです。
実写ディセプティコンには珍しく奇形なロボットモードではなく、純粋にカッコイイ!

変形工程は、大胆なパーツ移動によるボディの形成、主翼を畳んでいく背面の武器の形成など驚きに満ちています。
とにかく今作のボイジャークラスは傑作ぞろいで、どれも変形に工夫が凝らされており触っていて非常に楽しいですね。

f:id:watoka814:20171003155838j:plain

顔周りのアップ。
ノアイが目を引く特徴的な顔のデザインです。
ただ劇中ではまさにショックウェーブの頭部そのままでしたので、それとは少し異なった造形ですね。

f:id:watoka814:20171003155842j:plain f:id:watoka814:20171003155843j:plainf:id:watoka814:20171003155844j:plain f:id:watoka814:20171003155846j:plain

変形の都合で腰は動きませんし、足首の可動もないですが、標準的な可動はこなします。
特に左腕にガトリング、右腕にアローと大きな武器が付いているのでそれを活かしたポージングが楽しいです。
また背面のミサイルポッドを接続したパーツは角度を変えることが出来るので、微妙なニュアンス付けにも貢献します。
ただ動かしていると股の接続が外れやすいのは少し難点。

f:id:watoka814:20171003155839j:plain f:id:watoka814:20171003155840j:plain

この首!とれるぞ!!
ジョイントが「レジェンズ」のヘッドマスターと共通の規格になっています。
なので「レジェンズ」のヘッドマスターなら差し替えてヘッドオン!が可能!!
10月に発売される(延期してしまったようですが..)コグマンがまさに「レジェンズ」シリーズと同じヘッドマスターなので、おそらくそれと絡めて遊ぶためのギミックでしょうね。
ただ劇中ではコグマンがヘッドオンするというシーンは残念ながら描かれませんでした。

f:id:watoka814:20171003155848j:plain f:id:watoka814:20171003155850j:plain

ということでホットロディマスヘッポォン!!
規格は同じでも流石にシリーズのコンセプトが全然違うので、似合うヘッドマスターを探すのは苦労しそうです。

f:id:watoka814:20171003155851j:plain f:id:watoka814:20171003155852j:plain

「MB-04 ショックウェーブ」とロボットモードで。
同じボイジャークラスですが、ボリュームはニトロの方があります。

設定的にもショックウェーブを慕っていたようなので、二体の絡んだところも見てみたいかも。
物静かなショックウェーブとテンションの高いニトロがどう会話するのかとか少し気になる...。

f:id:watoka814:20171003155853j:plain

"Decepticons rise up!!!!"
「最後の騎士王」では多くのディセプティコンが登場しましたが、メインとなるのはこの三体。


トランスフォーマー 最後の騎士王』シリーズより、TLK-25 ディセプティコン ニトロでした。
かなりカッコイイボディデザイン、ボイジャークラスだからこそのボリューム感、そして工夫を凝らした変形と、魅力的な商品になっていると思います。
また実写映画初のヘッドマスターギミック(ニトロはヘッドマスターではありませんが)も新鮮で、早くコグマンでのヘッドオン!を楽しみたいです。

映画を観ると、そのご機嫌な性格や、そこそこの出番もあってか、印象的で記憶に残るキャラクターでした。

他の「トランスフォーマー 最後の騎士王」商品レビューへ

◆関連記事