RD-07 デッドエンド(トランスフォーマー リベンジ):レビュー

RD-07 デッドエンド

シリーズ:『トランスフォーマー リベンジ』
発売日:2009/05/30
メーカー希望小売価格(税抜き):1200円

f:id:watoka814:20170823182753j:plain

実写映画二作目の時期に玩具オリジナルで発売された今では珍しいスカウトクラスの商品。
映画にこそ登場しませんでしたが、凶悪なロボットモードなど目を引くデザインが光る名品です。
玩具オリジナルの商品が潤沢に発売された当時が懐かしくなりますねー。

他の「トランスフォーマー リベンジ」商品レビューへ

 

f:id:watoka814:20170823182736j:plain f:id:watoka814:20170823182737j:plainf:id:watoka814:20170823182738j:plain f:id:watoka814:20170823182739j:plainf:id:watoka814:20170823182740j:plain f:id:watoka814:20170823182741j:plain

ビークルモード。
流線型が特徴的なスポーツカーに変形。
デザインからは少し玩具チックな印象も受けますが、サイドの黒の差し色が非常にカッコイイ!

f:id:watoka814:20170823182742j:plain

小型ながら四輪のコロ走行もしっかり備えています。

 

f:id:watoka814:20170823182743j:plain f:id:watoka814:20170823182745j:plainf:id:watoka814:20170823182744j:plain f:id:watoka814:20170823182746j:plain

ロボットモード。
可愛らしいビークルのデザインとは打って変わって凶悪な実写ディセップらしいロボットのデザインでインパクトがありますね!
実写ディセップ、特にリベンジの時期は人間離れしたボディデザインのキャラも多かったですが、スタイルはしっかりと人型で正統派なカッコよさも感じることが出来ます。

f:id:watoka814:20170823182747j:plainf:id:watoka814:20170823182754j:plain

顔周りのアップ。
まさにビースト!といった顔つき。
また口は開閉するギミックがあり、開くと刺々しい歯が造形されています。

f:id:watoka814:20170823182748j:plain f:id:watoka814:20170823182749j:plainf:id:watoka814:20170823182750j:plain f:id:watoka814:20170823182755j:plain

腕が長いのがポージングにかなり効いてきます。
また手首がボールジョイントでフレキシブルなことと、手の造形がトランスフォーマーでは珍しい開いたデザインであることもポージングの幅を広げることに寄与しています。


トランスフォーマー リベンジ』シリーズより、RD-07 デッドエンドでした。
スカウトクラスということで小柄な玩具ですが、その分変形が手軽であるため、トランスフォーマーの醍醐味の変形を思う存分楽しめます。
また丸っこいビークルと刺々しいロボットとでガラリと印象が変わるところも本商品の大きな魅力ですね。

最近は劇中に登場したトランスフォーマーの中でもさらに玩具化されるキャラは絞られるような状況ですが、リベンジの時期の様に玩具オリジナルの商品が多くラインナップされるような潮流が再び戻ってくると個人的には非常に嬉しいですね。

他の「トランスフォーマー リベンジ」商品レビューへ

◆関連記事