TLK-15 キャリバーオプティマスプライム(トランスフォーマー 最後の騎士王):レビュー

TLK-15 キャリバーオプティマスプライム

シリーズ:『トランスフォーマー 最後の騎士王』
発売日:2017/07/15
メーカー希望小売価格(税抜き):8000円

f:id:watoka814:20170717224014j:plain

劇場四作目「ロストエイジ」からの新たなボディデザインで商品化された「AD-31 アーマーナイトオプティマスプライム」をリデコで大幅に改修したのが本品です。
重塗装にフェイスチェンジギミックなど、十分完成度の高い商品だったアーマーナイトオプティマスプライムですが、唯一の欠点が大きな背負い物でした。
本品ではこの背負い物が盾に変形し、腕に装備させることが出来るように大胆なリデコが施されています。
これによって、劇中のオプティマスの姿により近付いたスッキリとしたロボットモードが再現されました!

他の「トランスフォーマー 最後の騎士王」商品レビューへ

f:id:watoka814:20170717223924j:plain f:id:watoka814:20170717223925j:plain

パッケージ。
「最後の騎士王」シリーズ初のリーダークラス商品ということで箱はかなり大型!
表のCG絵は、以前発売された「トイザらス限定オプティマス」のものとも違うポージングです。
日本オリジナル商品ということで裏面にはキャラクターの説明文が記載されているのですが、文章がかなり独特で、子供がこれを読んでも中々理解してもらえなさそうです。

f:id:watoka814:20170717223926j:plain f:id:watoka814:20170717223927j:plainf:id:watoka814:20170717223932j:plain f:id:watoka814:20170717223928j:plainf:id:watoka814:20170717223929j:plain f:id:watoka814:20170717223930j:plain

ビークルモード。
カスタム仕様のウェスタンスタートラック
アーマーナイトの全面重塗装とは異なりますが、今回も潤沢にメッキパーツの使用が施されており、高級感が素晴らしいですね。
劇中のツルっとした美しいビークルボディが忠実に再現されています。

f:id:watoka814:20170717223931j:plain

サイドのwestern starのロゴが今回はメッキ塗装されています。

f:id:watoka814:20170717223933j:plain f:id:watoka814:20170717223934j:plain

付属武器のテメノスソードとキャリバーアックスは底面に接続しておくことが出来ます。

f:id:watoka814:20170717223935j:plain f:id:watoka814:20170717223936j:plain

初回限定特典のエナジーソードは、特にビークル時の接続の指定はないのですが、個人的には写真の位置にはめるのが収まりが良いです。

f:id:watoka814:20170717223923j:plainf:id:watoka814:20170717224022j:plain

ついでに「最後の騎士王キャンペーン第二弾」のゴールドベクターシールドについても今回まとめてご紹介。
キャリバーオプに接続するときは「AD-01 オプティマスプライム」のときと同じく写真のように接続しておけます。

f:id:watoka814:20170717223937j:plain f:id:watoka814:20170717223938j:plain

これで底面には「テメノスソード」と「キャリバーアックス」、背面には「エナジーソード」と「ゴールドベクターシールド」と四つの武器を余剰なく接続することが可能です。

f:id:watoka814:20170717224021j:plain

ちなみにビークルでロボットの部分と「オーバーシールド」の部分を分けるとこんな感じに。
半分近くが盾に割り振られているかたちです。

 

f:id:watoka814:20170717223939j:plain f:id:watoka814:20170717223941j:plainf:id:watoka814:20170717223940j:plain f:id:watoka814:20170717223942j:plain

ロボットモード。
全身これでもか!という塗装具合が非常に美しい。
「最後の騎士王」シリーズは比較的塗装が簡素なものが多いので、より塗装のありがたみを感じますね。

背面の背負い物はアーマーナイトでも大きなネックでしたが、遂にリデコによってすっきりしました。
では背面のデザインはどうかというと、そこは残念ながら劇中とはあまり似ていませんね。
また背中がすっきりしたことで、膝裏辺りのスカスカがより目立つようになってしまいました。

f:id:watoka814:20170717223943j:plain

顔周りのアップ。
顔は安心の再現度。
そして胸回りのファイアーパターンが美しい!

f:id:watoka814:20170717223944j:plain f:id:watoka814:20170717223945j:plain

アーマーナイトと同じく、フェイスチェンジギミックがあるのでマスクオン/オフを切り替えることが出来ます。
ただこの部分が凄く固いので、毎回指先を痛めながらのフェイスチェンジになり結構な体力を持ってかれますw

f:id:watoka814:20170717223946j:plain f:id:watoka814:20170717223947j:plainf:id:watoka814:20170717223948j:plain f:id:watoka814:20170717223949j:plain

背面のパーツが取れたことでアーマーナイトよりは若干可動の幅が広がっています。
片足立ちもポージングによっては可能!

f:id:watoka814:20170717223950j:plain

付属武器の「テメノスソード」、「キャリバーアックス」、そして今回の目玉「オーバーシールド」。

f:id:watoka814:20170717223951j:plain f:id:watoka814:20170717223952j:plainf:id:watoka814:20170717223953j:plain

これらの武器は背面に接続可能。
盾は斜め掛けをするとしっかり接続されます。

f:id:watoka814:20170717223955j:plain

特に盾がかなり重いのですが、これだけ背中に背負っていても自立はちゃんと出来ます。

f:id:watoka814:20170717223956j:plain f:id:watoka814:20170717223957j:plainf:id:watoka814:20170717223958j:plain f:id:watoka814:20170717223959j:plain

オーバーシールドは腕のジョイントに接続して保持させます。
重量があるので流石にポージングに制約はありますが、結構動く印象です。
デザインは「ダークサイドムーン」のものなので何故今回このデザインが採用されたのか疑問だったのですが、どうやらリダオプに持たせることも可能なようですね。
痒いところに手が届くなぁ~!

f:id:watoka814:20170717224004j:plain f:id:watoka814:20170717224000j:plainf:id:watoka814:20170717224001j:plain f:id:watoka814:20170717224002j:plain

テメノスソードはメッキ仕様のものが4月にキャンペーンで配布されていました。
今回の付属品はメッキこそありませんがちゃんと全面塗装されています。
キャンペーンアイテムの方は入手できず悔しい思いをしたので、こういった形で手に入ったのは個人的に嬉しいサプライズでした。

f:id:watoka814:20170717224003j:plain

ロストエイジで監獄船のテメノスソードを抜き放つシーンは印象的!

f:id:watoka814:20170717224005j:plain f:id:watoka814:20170717224006j:plainf:id:watoka814:20170717224007j:plain f:id:watoka814:20170717224008j:plain

付属武器のキャリバーアックス。
デザイン的には劇場三作目「ダークサイド・ムーン」で使っていたものですね。
センチネルやメガトロンと戦うときに振り回していたヤツです。
この武器もオーバーシールド同様リダオプに持たせることが可能なので、シカゴ決戦の再現も可能です!
また接続ジョイントが二か所あるため、ポーズによって長さの印象を変えることが出来ます。

f:id:watoka814:20170717224010j:plain f:id:watoka814:20170717224011j:plainf:id:watoka814:20170717224013j:plain f:id:watoka814:20170717224012j:plain

組み合わせは様々!!
プレイバリューの高さは今回のシリーズ随一ですね!!

f:id:watoka814:20170717224015j:plain f:id:watoka814:20170717224017j:plainf:id:watoka814:20170717224016j:plain

初回限定特典のエナジーソードとキャンペーンアイテムのゴールドベクターシールド。
エナジーソードは「ダークサイド・ムーン」で使っていた手持ちの剣で、序盤でのショックウェーブとドリラーとの戦いで使っていましたね。
オーバーシールドと共に構えるシーンは一瞬ですが印象的でした。
こちらもリダオプに持たせることが可能です。
ゴールドベクターシールドは「AD-01 オプティマスプライム」に付属した盾の色変え商品。
キャンペーンアイテムらしいゴールドのメッキ塗装が美しい!

f:id:watoka814:20170717224018j:plain f:id:watoka814:20170717224019j:plain

全ての武器を装備させるとこんな感じになり、かなりの重量感を感じさせます!

f:id:watoka814:20170717224020j:plain

エナジーソードはサイドスカートの内側に接続することが出来ます。
こうすると両手が空くので、さらに二つほどは武器を持てるようになります...!!


トランスフォーマー 最後の騎士王』シリーズより、TLK-15 キャリバーオプティマスプライムでした。
プロポーションやデザインの劇中再現という意味ではボイジャークラスのオプティマスに軍配が上がりますが、リーダークラスらしい巨大感、贅沢な塗装、豊富な武器パーツとこちらにも十分魅力があります
特にアーマーナイトのときでさえ叶わなかった、背面パーツの取り外しが実現している点は非常に大きなポイントです!しかも盾に変形させることで解決するとは驚きました!
定価もアーマーナイトと同じ値段で、センチネルシールドは付属していないとはいえ、アーマーナイトにはない斧や(初回限定版なら)剣、そして背面が変形する盾が付いていると考えるとかなりお得です。

8月に発売されるリーダークラス・メガトロンと並べる上ではこちらが最適でしょうし、リーダークラス二体が並び立つ姿はかなり派手なものになりそうなので今から楽しみです。

本品は通常版と初回限定版の二種類発売されており、エナジーソードは初回限定版にのみ付属していますので注意が必要です。
ネット販売でも商品名で分かれていますので、購入される際はどちらのバージョンなのかをしっかり確認されることをオススメします。

他の「トランスフォーマー 最後の騎士王」商品レビューへ

◆関連記事