LG-53 ブロードサイド(トランスフォーマー レジェンズ):レビュー

LG-53 ブロードサイド

シリーズ:『トランスフォーマー レジェンズ
発売日:2017/11/25
メーカー希望小売価格(税抜き):5500円

f:id:watoka814:20171126145350j:plain

サイバトロントリプルボットの一人、ジェット機と空母に変形する大型TF・ブロードサイドがヘッドマスターとしてリメイク!
同じトリプルボットのスプラングとサンドストームは「レジェンズ」シリーズや前身の「ジェネレーションズ」シリーズでリメイクが発売されましたが、ブロードサイドの再商品化となるとG1ぶり!
またサイズも上述の二体と同等のボイジャークラスとなっているため統一感があります。

他の「トランスフォーマー レジェンズ」商品レビューへ

f:id:watoka814:20171126145258j:plain f:id:watoka814:20171126145259j:plain

パッケージ
横長のパッケージに本体は空母モードで収納されています。
表のパケ絵のブロードサイドが下から見上げるような構図になっており巨体のイメージが良く伝わってきます。

 

f:id:watoka814:20171126145300j:plain f:id:watoka814:20171126145301j:plainf:id:watoka814:20171126145302j:plain f:id:watoka814:20171126145303j:plainf:id:watoka814:20171126145304j:plain f:id:watoka814:20171126145305j:plain

第一のビークルモード
航空母艦に変形!
甲板の面一感が素晴らしい出来栄えで、ついつい手で触ってしまいます。
空母モチーフというのもトランスフォーマーには珍しいので触り心地が新鮮です。

f:id:watoka814:20171126145322j:plain

三点のステップで自立しています。

f:id:watoka814:20171126145306j:plain f:id:watoka814:20171126145307j:plain

ヘッドマスター
海外版よりも重塗装になっています。
特に目に色が入っているのが細かくてGood!!

f:id:watoka814:20171126145308j:plain f:id:watoka814:20171126145309j:plain

付属のミニビークル・リパッグアーマー ビークルモード
リパッグをひっくり返しただけに見えるので正直ビークルには見えない。。
というか虫の死骸に見え(ry

f:id:watoka814:20171126145311j:plain f:id:watoka814:20171126145310j:plain

ヘッドマスターを搭乗させることが出来ます。
一応飛行機ということで良いんだよな...?

f:id:watoka814:20171126145312j:plain f:id:watoka814:20171126145313j:plain

「LG-48 ゴング&リパッグ」に付属したヘッドマスター・リパッグと一緒に。
リパッグアーマーはヘッドマスターと合体することでビーストモードに変形します。
モチーフはG1リパッグのビーストモード・昆虫モンスター。
一体どういうセンスがあればこんな造形が出来るんだ...。

同じチームのダブルクロスとグロテスは「Titans Return」でリメイク済み。
残るリパッグの明日はどっちだ!?

f:id:watoka814:20171126145314j:plain f:id:watoka814:20171126145315j:plain

腕は上下に動きますが可動は精々その程度。
昆虫ヘッドを上に開くとヘッドマスターの顔(G1リパッグのロボットモードの顔)が見えるのは面白い。

f:id:watoka814:20171126145316j:plain

付属の航空機のミニフィギュア
「ユナイトウォリアーズ」エアーボットをイメージしたデザインになっています。
裏側まで細かく再現されていて意外と手が込んでいます。
甲板のピンに接続すると、ブロードサイドの巨大感が演出できます。
トランスフォーマーでこういうミニフィギュアが付属するのはかなり珍しい!

f:id:watoka814:20171126145317j:plain

また甲板のピンにはヘッドマスターを接続することも。
エアーボットと並べるとスケールが色々おかしな感じにw
付属のコミックでは超大型ヘッドマスターという設定なのでサイズ感の問題をクリア(?)しています。

f:id:watoka814:20171126145318j:plain

さらに艦橋を倒してヘッドマスターを座らせることも可能。
まぁなんというか...うん。。

f:id:watoka814:20171126145319j:plain f:id:watoka814:20171126145320j:plain

付属のウエポンビークルにはヘッドマスターを搭乗させることが出来、さらにビークル側部に接続が可能。

f:id:watoka814:20171126145321j:plain

甲板の大量のピンを使えばヘッドマスター遊びが捗りますねー。

 

f:id:watoka814:20171126145324j:plain f:id:watoka814:20171126145325j:plainf:id:watoka814:20171126145326j:plain f:id:watoka814:20171126145327j:plainf:id:watoka814:20171126145328j:plain f:id:watoka814:20171126145329j:plain

第二のビークルモード
ジェット機に変形!
機体前部のクオリティは高いですが、後部は正直やっつけ感がありますね。
空母⇔ジェット機という中々無理のある変形のしわ寄せがモロに来てしまっています。
膝を折って仰向けになって寝ているようにも見える。。

f:id:watoka814:20171126145330j:plain f:id:watoka814:20171126145331j:plainf:id:watoka814:20171126145332j:plain f:id:watoka814:20171126145333j:plain

ジェット機のコックピットは開閉式で、中にヘッドマスターを乗り込ませることが可能。
レジェンズ」のヘッドマスターではありがたいことにもれなく搭載されているギミックです。

f:id:watoka814:20171126145334j:plain f:id:watoka814:20171126145335j:plain

ウエポンビークルジェット機モードでも色々なジョイントを使って接続可能です。

 

f:id:watoka814:20171126145336j:plain f:id:watoka814:20171126145338j:plainf:id:watoka814:20171126145337j:plain f:id:watoka814:20171126145339j:plain

ロボットモード
G1アニメに登場していた時はもう少しスリムな印象でしたが、空母から変形するTFとして説得力のあるずっしりボディとしてリファインされています。

f:id:watoka814:20171126145340j:plain

顔周りのアップ。
胸下のボタンを押すと顔横にガードがシャコン!と現れます。
これはアストロトレインやアルファートライオンと同様のギミックです。
この状態だとガードの分顔の動きに制限がありますが、首を接続する台座がそれ自体で左右に動くため事実上問題はありません。

f:id:watoka814:20171126145341j:plain f:id:watoka814:20171126145342j:plainf:id:watoka814:20171126145343j:plain f:id:watoka814:20171126145344j:plain

腰が動くといいのになぁーという残念感もありますが、大柄なボディが目を引くのでそれほど派手な動きを付けられなくても文句はないです。
躍動感というよりもどっしり感をしっかり演出出来るポージングが映えますね。

f:id:watoka814:20171126145345j:plain f:id:watoka814:20171126145346j:plainf:id:watoka814:20171126145347j:plain f:id:watoka814:20171126145348j:plain

ウエポンビークルは左肩に接続するのがデフォです。
また、ミニビークルは武器モードになります。
ただ造形から銃なのかクローなのか何なのかは良く分かりませんが。。

f:id:watoka814:20171126145351j:plain f:id:watoka814:20171126145352j:plain

サイバトロン・トリプルボット集合!!
シリーズをまたいで悲願の達成です。
デストロン・トリプルトロンも「レジェンズ」から三体揃うので、トリプルチェンジャー6体のリメイクが近いうちに完了ということになります。

f:id:watoka814:20171126145353j:plain f:id:watoka814:20171126145354j:plain

甲板の先端部のパーツを共有する、アルファートライオンと。
脚回りの構造は確かに似通っていますが、全く同じパーツは意外と少ないです。


トランスフォーマー レジェンズ』シリーズより、LG-53 ブロードサイドでした。
レジェンズ」シリーズはヘッドマスターが付属したり、ターゲットマスターが付属したりとセットボックスが多いですが、
ブロードサイドはその中でもヘッドマスター、ミニドローン、エアーボットフィギュアと収録数の多いセットボックスとなっています。
さらに専用武器も付属しているので組み合わせの楽しさは「レジェンズ」でもトップレベルです。
ただエアーボット...お前ら小さ過ぎて無くしちゃうよ...。。

他の「トランスフォーマー レジェンズ」商品レビューへ

◆関連記事