LG-59 ブリッツウイング(トランスフォーマー レジェンズ):レビュー

LG-59 ブリッツウイング

シリーズ:『トランスフォーマー レジェンズ
発売日:2018/01/20
メーカー希望小売価格(税抜き):5500円

f:id:watoka814:20180211233115j:plain

デストロンのトリプルチェンジャーの一人、ブリッツウイングがヘッドマスターとなってリメイク!
ブリッツウイングのリメイクといえば「ジェネレーションズ」が記憶に新しいですが、今回はそのときに増してG1のデザインを意識した造形に!
レジェンズ」のトリプルトロンリメイクも今回で遂にコンプリートです。

他の「トランスフォーマー レジェンズ」商品レビューへ

f:id:watoka814:20180211233027j:plain f:id:watoka814:20180211233028j:plain

パッケージ
ブロードサイドなどの「レジェンズボイジャーと共通の横長パッケージ。
ジェット機モードで収納されています。

f:id:watoka814:20180211233044j:plain f:id:watoka814:20180211233045j:plainf:id:watoka814:20180211233046j:plain f:id:watoka814:20180211233047j:plainf:id:watoka814:20180211233053j:plain f:id:watoka814:20180211233054j:plain

第一のビークルモード
ジェット機に変形!
ブロードサイドのジェット機モードは結構無理のあるデザインでしたが、今回は十分ジェット機として了解できるデザインです。
深い紫のメタリック塗装が施されたノズルも高級感があって良いですね。まぁここが塗装のせいで変形で悲劇が起きるわけですが...それは後述。

f:id:watoka814:20180211233048j:plain

ランディングギア。
戦車の砲塔に造形されています。
まぁ少し違和感は感じますねぇ。。

f:id:watoka814:20180211233042j:plain f:id:watoka814:20180211233043j:plain

ヘッドマスター
ヘルメットや腕が黄色に塗装されておりアーマーを纏っているようなゴツゴツしさがあります。

f:id:watoka814:20180211233049j:plain f:id:watoka814:20180211233050j:plainf:id:watoka814:20180211233051j:plain f:id:watoka814:20180211233052j:plain

機首の下側を開くとヘッドマスターを搭乗させることが可能。
ちゃんとコックピットに乗れるのは嬉しいギミックですし、ここは変形時にノーズコーンを収納するためにも使われているため考えられた設計ですね。

f:id:watoka814:20180211233055j:plain f:id:watoka814:20180211233056j:plain

付属武器は背面と側面に接続可能。
背面の銃武器の接続部位はパーツの合いが悪く、浮いてしまっているのですが、この武器を接続することでカッチリと安定します。
また銃武器にはヘッドマスターを搭乗させることが出来ます。

f:id:watoka814:20180211233038j:plain f:id:watoka814:20180211233039j:plain

ミニビークル・ビッグファイト
デザインの元ネタはトランステクターを持たないヘッドマスター「ティーンズ」のシャフラー。
しかし付属コミックの設定ではビッグコンボイということに...。。
インシグニアがデストロンだったりカラーリングが黒系統だったりと今一どういうことなのか...。。

f:id:watoka814:20180211233040j:plain f:id:watoka814:20180211233041j:plain

変形することで戦車モードに!
基本的に「LG-56 パーセプター」に付属したアムホーンと構造が同じですね。
後部にはヘッドマスターを足のピンを使って立たせることが出来ます。

 

f:id:watoka814:20180211233029j:plain f:id:watoka814:20180211233030j:plainf:id:watoka814:20180211233031j:plain f:id:watoka814:20180211233032j:plainf:id:watoka814:20180211233033j:plain f:id:watoka814:20180211233034j:plain

第二のビークルモード
戦車に変形!
ジェット機からシルエットのみならずカラーリングもガラリと変わるので刺激的。
デザインもしっかり戦車として了解できるのでトリプルチェンジャーとしての完成度の高さが伺えます。

f:id:watoka814:20180211233037j:plain f:id:watoka814:20180211233035j:plain

戦車モードでは砲塔にヘッドマスターを搭載させることが出来ます。
銃座のガードはクリアパーツなので中のヘッドマスターが良く見えます。

f:id:watoka814:20180211233036j:plain

付属武器は後部と側面に接続可能。

 

f:id:watoka814:20180211233057j:plain f:id:watoka814:20180211233059j:plainf:id:watoka814:20180211233058j:plain f:id:watoka814:20180211233100j:plain

ロボットモード
近年のリメイクの思想通り、かなりG1ライクなデザイン。
「ジェネレーションズ」でリメイクされたときはギミックも含めてアニメイテッドとの折衷的な仕上がりだったので正統派なリメイクという意味では今作がずば抜けています。

変形はレジェンズのトリプルトロンの中ではかなり凝っていて、機首を折り畳む工程やキャタピラから腕を形成する工程などはかなり面白い。
特に腕の変形はもともと薄い板状のパーツにもかかわらず、ただ折り畳むだけで武骨な印象を感じるようになるのは驚きです。キャタピラのデザインが上手いこと効いていますねー。

ただ一点、足のパーツの展開で干渉が発生するので注意が必要です。
どちらも塗装がされているのでほぼ間違いなく剥げてしまいます。。

f:id:watoka814:20180211233101j:plain f:id:watoka814:20180211233102j:plain

顔周りのアップ。
顔横のガードは胸のパーツを展開すると露出するスイッチを押すことで展開します。
ガードがあると首の可動は制限されますが、それでも多少は左右に振れます。

f:id:watoka814:20180211233105j:plain f:id:watoka814:20180211233103j:plainf:id:watoka814:20180211233104j:plain f:id:watoka814:20180211233106j:plain

見る角度は限定されますが、特殊な肩への接続を外すことで、かなり自由な腕の動きが実現されます。

f:id:watoka814:20180211233107j:plain f:id:watoka814:20180211233108j:plainf:id:watoka814:20180211233109j:plain f:id:watoka814:20180211233110j:plain

ブリッツウイングといえば剣!
ということでウエポンビークルのみならず剣が付属してくれたのはかなり嬉しい!

f:id:watoka814:20180211233111j:plain f:id:watoka814:20180211233112j:plain

ビッグファイトもウエポンモードで手に持たせられます。
いやーしかし何故ビッグコンボイなのか全く分からない...。


トランスフォーマー レジェンズ』シリーズより、LG-59 ブリッツウイングでした。
アストロトレインから数えて1年ちょいで遂にトリプルトロンが全員揃いました!
特にブリッツウイングは単品の完成度が非常に高く、ビークル2形態とロボットのデザインに破綻がないのでかなりオススメです。
足パーツの干渉による塗装禿げはかなり残念ですが、それを除いて個人的に不満点はありません。

他の「トランスフォーマー レジェンズ」商品レビューへ

◆関連記事