TLK-02 バリケード(トランスフォーマー 最後の騎士王):レビュー

TLK-02 バリケード

シリーズ:『トランスフォーマー 最後の騎士王』
発売日:2017/04/29
メーカー希望小売価格(税抜き):2800円

f:id:watoka814:20170603222805j:plain

映画一作目からの常連ディセプティコンバリケード
これまでしぶとく生き残ってきた彼ですが、「最後の騎士王」で姿を一新!
その新規のボディデザインで商品化されたのが本品です。
「最後の騎士王」のラインナップ第一弾として発売されました。

他の「トランスフォーマー 最後の騎士王」商品へ

f:id:watoka814:20170603222725j:plain f:id:watoka814:20170603222724j:plain

パッケージ。
表には躍動的なバリケードのCG画が!
今作ではどういった立ち位置のキャラなのか非常に気になります。

f:id:watoka814:20170603222726j:plain f:id:watoka814:20170603222727j:plainf:id:watoka814:20170603222728j:plain f:id:watoka814:20170603222729j:plainf:id:watoka814:20170603222730j:plain f:id:watoka814:20170603222731j:plain

ビークルモード。
フォード・マスタングのパトカーに変形。
これまでのビークルもフォード・マスタングでしたが、今回はその最新モデルにバージョンアップしています。
同時発売のバーサーカービークルのミラーが塗りつぶされていたのに対して、バリケードはしっかりクリアになっています。

f:id:watoka814:20170603222733j:plain f:id:watoka814:20170603222732j:plain

ビークル底面には付属武器の銃と警棒をマウントしておけます。
ロボットモードで携帯するために使うジョイントに接続するので、武器を付けたまま変形出来ます。

f:id:watoka814:20170603222734j:plain f:id:watoka814:20170603222735j:plainf:id:watoka814:20170603222736j:plain

天面後部の穴にバルカンパーツを接続することが可能。
実写特有のバトルビークル然としていてカッコよさがあります。

f:id:watoka814:20170603222737j:plain

後輪の上には「to punish and enslave」の文字が。
意味は「罪人を罰し、服従させよ!」。

 

f:id:watoka814:20170603222738j:plain f:id:watoka814:20170603222740j:plainf:id:watoka814:20170603222739j:plain f:id:watoka814:20170603222741j:plain

ロボットモード。
これまでのバリケードとは異なる新デザイン。
肩のせり出した車輪の造形など引き継いでいる部分もありますね。
玩具としてはやっぱり背中のガワが強烈ですが、デザインは割とまとまってるかなと思います。

f:id:watoka814:20170603222742j:plain

顔周りのアップ。
四ツ目の異形な顔ですが、実写ディセップらしさがあって個人的にはお気に入りです。

f:id:watoka814:20170603222743j:plain f:id:watoka814:20170603222745j:plainf:id:watoka814:20170603222746j:plain f:id:watoka814:20170603222747j:plain

メリケンサックを握ったようなデザインが珍しいですね。
ちなみに左手のメリケンサックには「SERVE」、右手には「PROTECT」の文字が彫られています。
これは「市民を保護し市民に奉仕する」を意味し、アメリカの市警察の標語になっているようです。

腰の回転が無かったり、背中のガワとの干渉が激しかったりと問題はありますが、標準的な可動は出来るかなと思います。
ただ難点が二つほど。
まず胸にきているビークルのフロント部分が、しっかり固定されているわけではないので、動かしているとパカパカ開いて少しストレスが溜まります。
また肩のせり出したパーツも動かしているとヘタってしまいます。
肩パーツも胸も固定されていないので、カッチリ感に欠ける印象。

f:id:watoka814:20170603222748j:plain f:id:watoka814:20170603222749j:plainf:id:watoka814:20170603222750j:plain

付属のハンドガン。
かなり小振りな銃ですが、警察官の拳銃と思えばこのくらいのサイズ感が良いのかもしれません。

f:id:watoka814:20170603222752j:plain f:id:watoka814:20170603222753j:plainf:id:watoka814:20170603222754j:plain

付属の警棒。
サイドの突き出たピンを手首の下から持たせることで、トンファーにもなります。

f:id:watoka814:20170603222755j:plain

両腿に二つの武器を携帯させることが可能。

f:id:watoka814:20170603222756j:plain f:id:watoka814:20170603222757j:plainf:id:watoka814:20170603222758j:plain f:id:watoka814:20170603222759j:plain

バルカンの武器は腕に巻き付ける形で接続できます。
トランスフォーマーの玩具としては珍しい武器の持たせ方で新鮮味がありますね。
というか単純にカッコイイ!

f:id:watoka814:20170603222800j:plain f:id:watoka814:20170603222801j:plain

背中のガワは簡単に外すことが出来ます。
こうすることで可動域もより広がります。

f:id:watoka814:20170603222802j:plain f:id:watoka814:20170603222803j:plainf:id:watoka814:20170603222804j:plain

公式ではありませんが、取り外したガワと警棒を合わせることで盾の様に手に持たせることが出来ます!
警官が暴徒鎮圧に使うシールドのように見立てられるので、こうすることでより警官のイメージが引き立ちます。


トランスフォーマー 最後の騎士王』シリーズより、TLK-02 バリケードでした。
実は発売日には同時発売のバーサーカーのみを購入しており、バリケードは見送っていました。
ただやっぱり興味はあったので、今回アマゾンで結構安くなっていたのをキッカケにポチりました。
実際触ってみると、カッチリ感の無さや背中の巨大なガワなど気になる点は確かにあります。
ただ付属武器が豊富だったり、標準的な可動はしっかりこなすのでそれほど悪いものではないなーという印象です。

他の「トランスフォーマー 最後の騎士王」商品へ

◆関連記事