Autobot Sovereign&Alpha Trion(Transformers Generations:Titans Return):レビュー


Generations:Titans Return Autobot Sovereign&Alpha Trion

シリーズ:『Transformers Generations:Titans Return』

 

f:id:watoka814:20171012113904j:plain

初代アニメにも登場した賢人アルファートリンがヘッドマスターとしてリメイクされ登場!
日本では頭部とカラーリングを変更した「レオプライム」として発売されました。
おそらく新規造形としては初めてのアルファートリンの玩具なので、個人的には本品がどうしても欲しかった!
なので普段海外版は買わないんですが、今回はこちらを購入しました。

 

f:id:watoka814:20170423005018j:plain f:id:watoka814:20170423005019j:plain

パッケージ。
黒くてシックな格好いいパッケージです。
ちなみに国内版のレオプライムではビーストモードでパッケージングされています。

f:id:watoka814:20170423005112j:plain

説明書とキャラクターカードが付属します。
日本版でもキャラクターカードの付属を復活させてほしい!

f:id:watoka814:20170423005020j:plain f:id:watoka814:20170423005021j:plainf:id:watoka814:20170423005022j:plain f:id:watoka814:20170423005023j:plainf:id:watoka814:20170423005024j:plain f:id:watoka814:20170423005025j:plain

ビーストモード。
Alpha Trionはトリプルチェンジャーなので三つの形態に変形します。
その一つがこのライオンモードです。
尻尾を剣で見立てているのがなんともトランスフォーマーらしい。

f:id:watoka814:20170423005026j:plain

可動はそこそこ。
まったく表情付けが出来ないということはないです。

f:id:watoka814:20170423005045j:plain f:id:watoka814:20170423005046j:plainf:id:watoka814:20170423005047j:plain

付属のヘッドマスター・Sovereign。
日本版のヘッドマスターは細かく塗装が施されていますが、海外版は成形色のみで簡素ですね。
ヘッドモードはアルファートリンらしい髭面です。

f:id:watoka814:20170423005027j:plain f:id:watoka814:20170423005028j:plainf:id:watoka814:20170423005029j:plain f:id:watoka814:20170423005030j:plain

背面のコックピットにヘッドマスターを搭乗させることが出来ます。

f:id:watoka814:20170423005031j:plain f:id:watoka814:20170423005033j:plain

付属武器の銃はコックピット上部に接続することも、後ろ脚に接続することも可能。

f:id:watoka814:20170423005032j:plain

剣は尻尾として接続するのがデフォルトですが、口に咥えさせるのもファンタジー感があってカッコイイ。
口はロボットの拳で形成されているので、穴のジョイントに上手くはまります。

f:id:watoka814:20170423005034j:plain f:id:watoka814:20170423005035j:plainf:id:watoka814:20170423005036j:plain f:id:watoka814:20170423005037j:plainf:id:watoka814:20170423005038j:plain f:id:watoka814:20170423005039j:plain

ビークルモードとして、スペースシップにも変形します。
「ビーストとビークルに変形するトランスフォーマーってかなり珍しいですよね。
しかもしっかり戦艦として了解できるデザインに収まっているのは流石!
特に起伏のない甲板の造形が素晴らしいです。

f:id:watoka814:20170423005040j:plain f:id:watoka814:20170423005041j:plain

甲板にはいくつかのピンがあり、ヘッドマスターの足裏の穴と接続が出来ます。

f:id:watoka814:20170423005042j:plain

付属武器もビークルに接続可能。
銃は甲板に、剣は側面に。
剣がもう一本付いていれば反対側にも接続出来て統一感があるんですけどねー。
国内版のレオプライムではさらに銃が一丁付属するので、左右の側面に武器を接続できます。

f:id:watoka814:20170423005043j:plain f:id:watoka814:20170423005044j:plain

付属銃にはヘッドマスターを乗せることが出来ます。

 

f:id:watoka814:20170423005048j:plain f:id:watoka814:20170423005050j:plainf:id:watoka814:20170423005049j:plain f:id:watoka814:20170423005051j:plain

ロボットモード。
かなりエンシェント感が強く、またビーストの有機物とロボットの無機物が融合した独特のデザインになっています。
アルファートリン爺さんとして見るとかなりゴツゴツしてますね。

f:id:watoka814:20170423005052j:plain f:id:watoka814:20170423005053j:plainf:id:watoka814:20170423005054j:plain

顔周りのアップ。
ヘッド部分は、胸の球体を押すことで左右の角がスプリングで出現します。
首は角と一体で可動するので、自由自在とはいかないまでも十分動いてくれます。

f:id:watoka814:20170423005055j:plain f:id:watoka814:20170423005056j:plainf:id:watoka814:20170423005057j:plain

肩を外すことで前後にも腕の可動域が生まれるので、見た目以上に自由に動きます。

f:id:watoka814:20170423005058j:plain f:id:watoka814:20170423005059j:plainf:id:watoka814:20170423005100j:plain f:id:watoka814:20170423005101j:plainf:id:watoka814:20170423005102j:plain f:id:watoka814:20170423005103j:plain

剣は上手いことやると両手持ちも出来ます。
両手持ちをすると躍動的なポージングが取れるのでありがたいですねー。

f:id:watoka814:20170423005105j:plain f:id:watoka814:20170423005106j:plain

個体差かもしれませんが拳の穴が少し大きいようで、銃をしっかりと固定させて持たせられないのが残念!

f:id:watoka814:20170423005109j:plain f:id:watoka814:20170423005110j:plain

銃と剣は背面に接続させておくことも可能です。
手に持たせなくても余剰にならないのは大切ですよね。

f:id:watoka814:20170423005107j:plain f:id:watoka814:20170423005108j:plain

アルファートリンのイメージを大きく更新する武骨さが素晴らしい!


『Transformers Generations:Titans Return』シリーズより、Autobot Sovereign&Alpha Trionのレビューでした。
あのアルファートリンがトリプルチェンジャーになっていたり、ヘッドマスターになっていたり、逞しいボディを手に入れていたりと新しい設定が目白押しの本商品。
デザインはロボット、ビースト、ビークルで印象が大きく変わるので非常に面白いです。
特に四足歩行のライオンから起伏の少ない箱モノのスペースシップに変形するのは驚きでした。
それも手数がそれほどかからず簡単に変形できるので、気軽に手に取ってしまいます。

日本版では、ある意味予想通りですが、レオプライムとしてのみ発売されました。
「新規造形のアルファートリン」に興味があったのでこちらを購入しましたが、出来が良かったのでいずれレオプライムの方も手に入れたいですねー。