AD-03 グリムロック(トランスフォーマー ムービーアドバンスド):レビュー

AD-03 グリムロック

シリーズ:『トランスフォーマー ムービーアドバンスド』
発売日:2014/05/17
メーカー希望小売価格(税抜き):4500円

f:id:watoka814:20171012113934j:plain

実写映画第四作「ロストエイジ」にて登場したダイノボット軍団のリーダー、グリムロック
「ムービーアドバンスド」シリーズではボイジャークラスとリーダークラスの二商品発売されました。
こちらはボイジャークラスで、ロボットモードのイメージがより劇中に近いように感じられます。
ボディの色味は劇中とは違いますが、玩具としてはまとまった落ち着いた色で仕上がっています。

 

他の「トランスフォーマー ムービーアドバンスド」商品へ

 

 

f:id:watoka814:20170220165012j:plain f:id:watoka814:20170220165013j:plainf:id:watoka814:20170220165014j:plain f:id:watoka814:20170220165015j:plainf:id:watoka814:20170220165016j:plain f:id:watoka814:20170220165017j:plain

ビーストモードはティラノサウルス
といっても有機的なボディというわけではなく、あくまでメカティラノといった様相。
また角が二本生えており単純な恐竜モチーフというわけではないようです。
デザインは劇中とは少し違っていて、ビーストモードではリーダークラス版の方が劇中に近いように感じます。

 

f:id:watoka814:20170220165018j:plain f:id:watoka814:20170220165019j:plain

首のボタンを押すことで口が開閉するギミックがあります。

 

f:id:watoka814:20170220165020j:plain f:id:watoka814:20170220165021j:plain

脚が自由に動くので恐竜らしいポージングが可能です。

 

f:id:watoka814:20170220165022j:plain f:id:watoka814:20170220165023j:plainf:id:watoka814:20170220165024j:plain

また付属武器のメイスを尻尾に接続させることが出来ます。
武器を付けるとかなり尻尾の長さが伸びます。

 

f:id:watoka814:20170220164958j:plain f:id:watoka814:20170220164959j:plainf:id:watoka814:20170220165000j:plain f:id:watoka814:20170220165001j:plain

ロボットモード。
今回のダイノボットグリムロックに限らず鎧騎士のモチーフがふんだんに取り込まれています。
これまでのグリムロックの印象とは大きく異なり、新しい「グリムロック」像の提案がなされています。

 

f:id:watoka814:20170220165002j:plain

顔周りのアップ。
首は左右には動きませんが、顎を引く形に多少角度を付けることが出来ます。

 

f:id:watoka814:20170220165005j:plain f:id:watoka814:20170220165004j:plainf:id:watoka814:20170220165003j:plain

可動は優秀ですが、腕が少し特殊な構造をしています。
また手首も動かないので、腕のポージングには多少苦労するかもしれません。
しかし驚いたことに、足首が内側に曲がるように設計されているので、接地はかなり安定しています。

 

f:id:watoka814:20170220165006j:plain f:id:watoka814:20170220165007j:plainf:id:watoka814:20170220165008j:plain f:id:watoka814:20170220165011j:plain

付属武器のメイスは手に持たせることが出来ます。
しかし前述のように腕の構造が特殊なので、取り回しには少し工夫が必要です。

 

f:id:watoka814:20170220165009j:plain f:id:watoka814:20170220165010j:plain

また背面の穴を利用して武器をマウントさせておくことも出来ます。
手に持たせる以外にこういう配慮があると嬉しいですね。

 


トランスフォーマー ムービーアドバンスド』シリーズより、AD-03 グリムロックでした。
劇中ではオプティマスを遥かに凌ぐ大きさを誇るグリムロックですが、玩具ではボイジャークラスとリーダークラスで発売されました。
リーダークラスの方は残念ながら持っていないので何とも言えませんが、ロボットモードに関してはボイジャークラスの方が劇中に似ている印象を受けました。
対してビーストモードはリーダークラスの方が似ているというような感じですね。

変形は難しくはないですが、大胆なパーツ移動が含まれていたり触っていて面白い作りになっていると思います。
また可動も良好で、足首が内側に動くような配慮のある構造になっています。
本品は映画十周年記念の「ムービー ザ ベスト」シリーズにもラインナップされており、より劇中に近い配色で発売されるようです。
さらに映画五作目「最後の騎士王」の玩具ラインにもラインナップされているなど、今後ともに見かける機会が多い商品になりそうです。



他の「トランスフォーマー ムービーアドバンスド」商品へ

◆関連記事